読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

『星海社』の『最前線』へ新人賞を送る意味をわかってないヤツが多過ぎる件

概要: ––––燃料、投下。


なんか今日の Twitter 見てたら、

が、炎上していたので、その辺りについて、思うところを書きます。


1. 『星海社』は文芸修羅の国。中途半端な覚悟で突っ込むな。

まず最初に言っておきべきコトは、彼の星海社の内部のノリ、というにはちょっと不適当だけども、 彼の会社の根底に有る思想としては、おそらく、

が、かつて手がけた雑誌、

のキャッチコピーである、

何が飛び出すか誰にもわからない文芸コロシアム!
闘うイラストーリー・ノベルスマガジン

が、有ると思う。

で。

ぶっちゃけ彼の出す出す詐欺を延々と行なっていた、あの ファウスト の編集長が、 副社長を勤めている時点で、その辺りの、

  1. 投稿作品の公開処刑とか
  2. 投稿作品をボロックソに言うとか
  3. あるいは、ボロックソに 中の人が叩かれる とか

についは、デフォルトの標準装備なので、その辺りのコトを折り込み済みじゃないヒトが、 あの 『星海社』 に新人賞を応募する時点で、

貴様、正気か?

と思うし、あとそれを覚悟して投稿した人じゃないヒトが、 アレは非道いとかあーだーこーだ言うのは、まあ、 あの会社の{性質|タチ}を分かってないじゃね? とか思います。

2. 新人賞で落ちる真の理由は一つだけ。 『貴様の作品に商品価値は無い』

で、次。

これはまあどんな新人賞でも同じだと思うけど、新人賞で落ちる理由は、 どんな装飾や慰めの言葉を施そうとも、

貴様の作品に商品価値は無い公開自慰は他所でやれ

でしか無いと思う。

で。

ぶっちゃけ僕も以前このブログだったかに書いたと思うんだけど、 本という媒体でデビューしようと思うと、都会のクソデカい本屋とか想像して欲しいんだけど、 あのクソデカい本屋の中で、自分の作品が、

輝ける一冊

にならなければ、 単行本三冊打ち切り (小説の場合) 、とかあるいはもっと非道いと、 ポッと出だけで終わり とか、本当に惨い読者の洗礼を受けるワケで、 たかが調子に乗ってるだけ『かもしれない』編集部 を、自分の『作品』で『黙らせられない』 のであれば、 それはもう、致命的に 『プロ』の作家として力量が足りてない 、と僕は思うし、 あと、基本的に、そういう甘い人がデビューできたとしても、それを維持するということが出来るほど、 世の中そんなに甘くはないので、そういうぬるま湯が好きな人は、まあ趣味でイラスト書いたり、 あるいは小説を書いたりして、

プロにはならず、趣味として創作活動を続ける

という方が御互い幸せになれると思います。

つか本当に、創作が好きというコトと、プロとして向くか、っていうコトは、 また別次元のコトですからね。マジで。

で、最後。

3. 星海社が調子に乗っていると思うのならば。汝、己の作品を以って、その力量を証明せよ!

んで、 Twitter とかでの星海社の批判の中に、

星海社の編集部って4コマ漫画判ってないクセに調子乗ってるんじゃねーよ!

的な意見が有ったんだけど、ぶっちゃけ、 星海社の編集部が4コマ素人 だとしても、 その4コマを読む読者編集部に輪を掛けて素人 なワケで、 その素人『かもしれない』編集部にですね、

ぶっちゃけこれ面白くない

って言われたんなら、一般の読者にも面白さは伝わらないワケで、それはもう、

4コマを描く力量が不足している

という事実に過ぎないと思うんですよね。

っていうか、前にもこのブログとかで書いたんですが、基本的に、

新人賞デビュー して プロに成る

っていうのは、小説だろうと漫画だろうと、それこそ4コマだろうと、

  • 『創作』 という行為を以って 『起業』する

というコトに他ならない、と僕は思うし、もし、編集部に巫山戯たことを言われて、 それを作品で黙らせられないのであれば、作者の都合なんぞほぼ通用しない、 作品を消費する読者に、その作品が通用するか、って言ったら、 それは

  • 『否』

だと僕は思います。

以上

で、一番最後に言っておくと、今回、星海社が容赦なく叩かれてるけれども、 少なくとも、投稿者を容赦なく叩いてる彼らは、

自らリスクを負わず投稿者だけを公開処刑している か?

と言うことを疑問に思うかもしれないんだけれども、

それは 『否』

である、と僕は思っています。

まあ、その辺りなんでかっていうのは、まあ今回の件が証明している様に、 キツい言葉を使って投稿作品を叩くっていうのは、基本諸刃の剣で、

  • その批評が投稿者たちに刺さらなければ、単に自分達の都合の言い様に相手を貶している

という様に見られるワケで、その辺りについては、星海社側は恐らく本気というか、 少なくとも 太田克史 編集長は、その辺りの覚悟を持って批評なり企画を行なっている、と僕は思います。

まあ、これで 本気 というか、 その覚悟を無しに適当になぁなぁであの批評を行なっている とすれば、 それは、そんな腐った思考の星海社なんぞ潰れてしまえ!俺はそんな腑抜けた出版社に惚れ込んだ覚えはない 、 とは言っておきます。


ということで、昔から、少くとも、

  • ファウスト vol.3

からの、 太田編集長の編集した書籍読者 である僕からは以上です。終わります。まる