カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

創作物とライセンスと同人の話

今日、たまたま同人活動と著作権が云々っていう togetter のまとめを見てて、ちょろっと思ったコトを書きます。


まあ、個人的には、TPP で著作権侵害が非親告罪化される、 となるのであれば、恐らく、漫画やライトノベルの出版社は、 自社の読者の同人活動や、あるいはファンアートに対する扱いについて、

ガイドラインなりライセンスなり明示する必要に駆られるのではないか?

と個人的には思ってます。

まあ、すくなくとも今現在、ファンアートや同人の大規模摘発が行なわれていないのは、 著作権侵害が、

非親告罪=告訴されない限り罪に問えない

という状態だから、と僕個人は思っていて、 これが単純に非親告罪化されたとかなると、この前提が崩れるため、 著作権侵害がバンバン訴えることが可能となる、という状態になります。

まあ、流石に軽微な著作権侵害などを片っ端から取り締まるリソースなんてどこの誰にも無いとは思うんですが、 これが例えば一罰百戒を狙った見せしめ逮捕だとか、あるいは、炎上とかで気に食わない相手を潰すために、 ネット上の正義厨がイナゴ的に通報するだとか、そういう事は可能になってしまうわけです。

で、特に漫画とかだとそうですが、同人活動をしている作家さんとか、 あるいは、ファンアート描いている作家さんなどは、 出版社で本を出している作家先生方に恐らくは大量に含まれていていますし、また、 同人が元になって商業化した (例えばハルヒのちゅるやさんとか) も例も存在するため、 その作家先生方や、あるいはその候補と成り得る同人作家の方なんかを、 嫌がらせとか、あるいは炎上とかでネットイナゴに焼きつくされると誰も幸福にならんわけです。 作家の芽が喰いつくされたら出版社もおまんま食い上げなわけで。

で、そういう、作家陣もファンも出版社も誰も得しなくて、ネットイナゴの自己満足感だけが残った、 っていうのを避けるために、出版社などは、

ガイドラインなりライセンスなり明示する必要が有る

と僕は思っているし、また、出版社とかはそういった防衛策は取らないとマズでしょ、 と僕個人としては思います。


で、話としてはここからが本題なんですが、自社が抱える作家陣や、あるいはファンをイナゴや見せみめなどから守るために、 なんらかのガイドライン、またはライセンスを出版社側で明示する必要が有る、とは先程は言いましたが、これ、 実際に明示しようと思うと、かなり面倒だと僕は考えています。

というのも、まず、そもそも出版社側が作家先生方と、そういう自身の著作物について、 第三者への利用許諾を行なうための契約を行なっているかどうか、っていう問題が有りますし、 また、そういう権利関係の契約をキチっと行なっていたとしても、今度は、どこからどこまでを許可し、 どこからどこまでを許可しないか、っていう問題も有ります。

で、この辺りの話は、

  • オープンソースソフトウェアライセンンス (OSS License)

だと、色々とデファクトだとか、広く取り扱いが知られているライセンスなどが有るんですが、 こと著作物、特に、創作物に関していえば、

とりあえず迷ったときはコレ使ってけ

みたいな、広く知られているガイドラインとかライセンスが、今現在、

ぐらいしか見当たりません。まあ僕が他を知らないだけかもしれないですけども。

それで、この、ライセンスの多様性の無さっていうのは、実は結構問題で、基本的に、 ライセンスの多様性が無いっていうのは、長年の実績の有るライセンスが無い、という事です。

それはつまり、デファクトがないことによって、場合によっては、各出版社が独自にコストを負担して、 自社ライセンス (というか実際にはオレオレガイドラインとか) を発行しなきゃならない、ってことに成るし、 また、その辺りの釣り勘定が合わんとか、あるいはそのコストを負担するのはムリポってなると、 不本意ながら出版社の都合で○○社の二次創作は一切禁止です、とか、または、実際には読者に寄り添いたいんだけれども、 ライセンスとかガイドライン制定とかにリソースが割けん! どうすんだコレ! みたいな、残念に無念です、 みたいな、そういう感じの話になっちゃうワケですよ。

その上で、このあたり商業的に解決しようと思うと、

同人向け JASRAC 作りましょう

みたいな話にもなってしまうんですが、参考となる事例の JASRAC が、 最近はマシだとは思うけれども、過去に お前ら、それで訴えるのはあんまりにもあんまりじゃないの? 、 みたいな裁判も起こしているいるワケで、まあ、あんまり良い印象を持ってない人もいるんですよね。 まあ僕もあまり良い印象はもってないですし。まあ内情は知らないんでなんとも言えんのですが。

また、同人誌だとかだと、実際にはエロ同人とかどうすんだ、って問題も有るので、 正直、

その辺り、銀の弾丸は無いよなぁ

と、個人的には感じますです。はい。


で。一応は最後。

まあこのテの、

  • 創作物や創作系の出版物と
  • ライセンスとかガイドラインなどの話と
  • 同人活動などのファン活動の話

っていうのは、目下、落しどころを探ってる最中なのだ、と僕は思っていて、 現に赤松 健先生などを筆頭としてがんばっておられるのだ、と僕は理解していますが、 ライセンスの多様性については、もう少し幅を持たせた方が良いのでは? と個人的には考えています。

まあ僕もまれに創作活動してぇってなるのですが、その時に、大体、

あーこれ、形になったらパブリックにしたいけど、ライセンスとかどうすっかな、これ

と毎回考え込んでしまうので、まあ、商業出版だけではなく、 他にも個人で創作活動行なっている人向けのライセンスやらガイドラインやらの指標が有ったらなぁ、と個人的には感じています。

っていうか、僕の場合だと、現にブログのテキストとかのライセンスとか、結構曖昧な感じになってしまっているし、 また、それに対してうまいことハマるライセンスとかが見当たらず、その場しのぎなライセンスを付ける破目になったりとかしているので、 まーそのあたり本当、なんとかマシにならんかな、と思ってます。

まぁ、それで言えば僕も過去にそれっぽいライセンスもどきとか作ったことも有ったのですが、

結局、これはオレオレライセンスでしかないよね

ってなって、その後 4項 BSD にしたとかそういう経緯も有ったように思うので、 もうちっと、その辺りの、

  • 創作物に対するライセンスの多様さ

が生まれてくると、もうちょっと色々潤滑されるのになー、と僕個人は思ってます。


なんか取り止めもない感じで、だらっとした文章な感じになってしまいましたが、 とりあえず今日ふと togetter のまとめとかみて思ったことは以上です。

特にオチはない。