カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

IPFS (The InterPlanetary File System) について半日を費やして調べてみた

概要: 2015年9月27日現在の情報です。


なんとなく今日、P2P の触りたみが高まったため、P2P ベースで色々出来そうな予感のする、

について、そのドキュメントの類を半日費やして読み込んだので、今回はその辺りのまとめを書きます。

1. IPFS (The InterPlanetary File System) とは何か?

IPFS の公式サイトでは、

IPFS is a new peer-to-peer hypermedia protocol.

って書いてあるんですが、まあ僕の見た感じでは、 IPFS とは、

The Peer-to-Peer Based Distributed FileSystem (=P2Pベースの分散ファイルシステム)

という、そのまんまな感じのヤツです。たぶん。

で、分散ファイルシステムって聞くと、

あ〜、ノード管理がめんどくて云々っぽいやつ?

と思われるかもしれませんが、実際には IPFS は、そういう面倒くさい系のサーバサイドミドルウェアではなく、 完全にコンシューマー (エンドユーザー)系の P2P で、まあイメージとしては、

ごいすーな P2P 技術を用いて作られた、全裸で全世界に公開系の Amazon S3 っぽいやつ

と考えると良いかと思います。つまり、 P2P ベースのファイルホスティング系のヤツですね。はい。

まあ、 全裸は余分だけども

2. IPFS で出来るコトと、現時点 (2015年7月27日現在) の開発状況

で、まあ実際には、

Amazon S3 っぽいやつ

って言ってしまうと語弊が有るんだけれども、実際に今現在 IPFS で出来ることは、まあ、

  • ファイルの全世界へ向けての配信 (IPFS network への push)
  • IPFS network 内でのコンテンツ URI の固定 (これは IPNS と呼ばれている)
  • あと、IPFS ネットワーク内のコンテンツへのインターネットドメインの割り当て (これは ipfs の開発元のサービス )

という感じで、 Amazon S3 とはまったく同じとは言えないんだけど、IPFS を使って出来るコトのイメージとしては、

  • Amazon S3 を単体で使う場合 に出来るコト全般

という様な感じですかね。はい。ただ、なんかファイルの削除コマンドとか無いっぽいけど。

で、あと IPFS の開発状況としては、

まだ、 aplpha 段階

のソフトウェアで、絶賛開発中っぽいんですが、それでも動くモノとしては出来上がっていて、

  • Live な IPFS network

は、実際に稼動しているっぽいです。はい。

3. IPFS は実際には何に使えるか

まーまだ僕自身はドキュメントを読み漁っただけで、コマンドラインツールとかまでは触ってないのですが、 今現在の機能だと、

  • 自分から世界に向けて情報を配信する

というタイプのコンテンツ配信には使えるっぽいです。ただ、双方向コンテンツ (例えば チャットとか掲示板とかフォーラムとか) には、 まだ向かないかなーと個人的には感じています。まあこの辺り、僕が思いついてないだけで、上手いやり方が有るかもしれませんが。

それと、現段階の IPFS では、IPFS 本体でコンテンツを動的に生成して云々は出来ないっぽいし、 また、その辺り今後サポートされるのかについては、今回調べた限りではちょっと判らんかったので、 まあその辺りについては、今後の開発状況如何ではないかと思います。

ま、でも、完全なコンシューマーベースのP2Pで、実際に稼動している分散ファイルシステムを作っている、 というのは本当に素直に凄いと思うので、僕みたいに P2P とか Decentralized Web とか興味が有る人は、 このプロジェクトを watch していっても損は無い、と思います。

以上

です。はい。

まあ、実際の

は、まだまだ発展途上というか、今まさに絶賛開発中なので、 このまとめ記事もその内に古くなるとか思いますが、とりあえず、 現時点で IPFS について判った情報のまとめは以上です。

あと、僕としては、 IPFS 使ってフォーラム系の云々が出来たら良いなぁ、 と思ってるんですが、これについては、色々をクリアしなければならないハードルが有るので、 その辺りを上手く解決できる方法は何か無いかを考え中です。まあちょっと思い付くかどうかは怪しいですが。

ま、あとは IPFS が進歩して、色々と機能も豊富になってくれば、その辺りの課題も解決できるかもなので、 とりあえず今現在の僕としては、 IPFS の開発の進展に wktk している、という感じですね。はい。


というワケで、以上で今回の情報まとめ記事は終りたいと思います。

ちなみに、

の Github リポジトリは、

github.com

から、色々と辿れるので、もし興味が有れば、ここから情報を辿ってみるのも良いかと思います。

ということで以上です。終ります。はい。