読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

一体どうすれば、日本の三流国家ぶりをマシに出来るのか

Sensitive Thinking

と、言うことについて、ここ数日考えていたので、今日はその辺りを書いてみたいと思います。


1. そもそも、なんで政治とか政治家の劣化が激しいのか

個人的に思うに、これの原因の内の一つは、

各政治家個人に対する、能力評価が公開の場で下されていない

というのが大きい、と個人的には考えている。

と言うよりも、

その政治家が、何という問題に詳しくて、何という問題には向かないのか

というのが、現状、イマイチはっきりしていないし、また、 政治家を評価するポイントってそこなのに、それが曖昧にされてお茶を濁されている、 っていうのが、政治への無関心とか、あるいは、政治家を選ぶ場面において、

犬のクソか猫のクソか

みたいな選択問題状態になっている遠縁かな、とか個人的には思います。

2. なぜ、国や行政は山積みの国内外の問題を解決出来ていないか

これは、その問題が複雑である、っていうのも有ると思うんだけど、ぶっちゃけ、

ちゃんと目に見える形で Issue Tracking 出来てない!

と言うのが、そもそも問題なんじゃ……と個人的には思う。

まあ、国内外の問題とは言っても、それには優先順位とかも有るし、 また、喫緊の課題とか、あるいはもうちょっと猶予のある課題とか、そういうのを区別する、

  • 国や行政の問題の、Issue Tracking をきちんと公開の場で行なう (機密は除く)

とか行なったほうが良いんではないかなーなんて思います。

3. 個人的に考えるこの国をマシにする方法

まあ、法律なり行政なり国なり、あるいは政治家なり、って言うのをマシにしようと思うと、 僕としては、

  1. 政治家に対する評価指標をはっきりさせ、それに従い公の場で評価出来るようにする
  2. 国や行政や法における、国内外の Issue Tracking を公開の場で行なう
  3. 政治家への評価や、国内外の Issue Tracking への Contribution を、誰でも行なえるようにする

というのが、システム面からのこの国をマシに出来る方法かな、なんて思います。

以上

ま、今回の話、この国の国とか行政とか政治とかの三流国家ぶりっていうのは、まあ、一言で言えば、

『日本』という『国』のプロジェクトマネージメントが腐ってる

って話でしかない、って僕は思う。

なので、その腐ったプロジェクトマネージメントを、人力に頼らず、システム面から KAIZEN しない限り、 まー改善するのは無理だし、何時までも放置すれば、それこそ自滅して皆が滅ぶって結末にしかならない、 と、個人的には思っています。はい。