読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

個人的な Web 開発において、コミュニケーション系 Web サービスの開発は諦めた話

うん、まあ、僕は以前、

  • the.chnlr.net

という、旧 2ch dat API compatible な Web サービスを公開して数ヶ月で閉鎖して、 とか行ない、もうそろそろ本気出して開発し直すか、とか思っていて数年経って、 という状態になってたんですが、今回、Readability の未読を既読にしていた時に、

というスライドに目を通して色々考えた結果、その辺りの、

コミュニケーション主体の Web サービスを (個人的に) 開発する

という事は 諦めました

で、そのために取ってたドメインとかはムームードメインの査定に突っ込みましたです。はい。


それで、何故コミュニティ系 Web サービスを自分では開発することを諦めたかっていうと、 これは自分自身に対する選択と集中って意味も有るんですが、ぶっちゃけ、

自分に 器質的要因によるコミュニケーションへの障害 (ごく軽度のアスペルガー) が有る が故に、 コミュニケーション系 Web サービスで重要人々にどうやってコミュニケーションを取らせるか設計が出来ない

とかそういうのが理由です。

まあ、一言で言えば、

自分は SNS とか フォーラムとか作るのには向き様もない

というのが主な理由。

と言うよりも、

自分が他人とのコミュニケーションが苦手というかどうにも克服し難い難題が有るのに、 その他人とのコミュニケーション能力をフルに使う必要の有るサービスとかどうやって設計気なんよ?

という、問題の根本に今更ながら気がついたというかなんというか。

まあ、自分が出来そうもない事に挑戦しようとしていた結果、いつまで経ってもモノが出来上がらない、 という事に陥いってたんで、まあその辺りからはもうそろそろ脱却しましょう、とかそういう感じですね。はい。


それで。

まあ、そこで話が済むのなら、問題はあんまりないんですが、

では、そのコミュニケーション系 Web サイト開発を諦める、のは良いけれど、その後はどうするの?

っていう問題が個人的には有って、その辺り、どうしたもんかなぁ、と。

というのも、僕の作りたかったモノの類って、大抵が何故かコミュニケーションの絡むモノばかりで、

うーむ。なんかネタが一気に尽きちゃったぞ……

という感じになっています。

まあ、ネタが尽きたっていうよりかは、そもそもそのネタは扱い切れなかった、というのが正しいんですが。

んで、あと僕の有力なスキルって、

  1. プログラミング
  2. 文章の執筆

ぐらいなモノで、まあ両者ともに 10 年間、独学だけで続けてこれた類の能力では有るんですが、 これらを生かせる何かっていうのは、

まあ、なかなかそう簡単には見付からないよなぁ

と思っている次第。

ま、この辺り、追々自力で見付けない限り、解決には程遠い問題ですけども。


という事で今回の話はそんな感じです。

まぁね、 色々と諦めました ってブログで表明すんのも個人的にはどうかなーなんて思う所が無い訳でもないですが、 多分、自分の場合、この辺り自分で書かないと、踏ん切りとか付かないよなぁと思う次第です。何せ自分の事だからね。

で、文章で身を立てるのも考えなくは無いんですが、いかんせん、その辺り、外から視た業界的に結構シビアなのは判ってるんで、 それもそれで結構ハードだよなぁ、と。まあ何するにしても、楽な道はないのは判ってるんですが、 その手の文芸やライターといった業種って、内情がどうなってるか、って皆目検討が付かないんですよね。 ま、プログラミング界隈だと、ある程度の空気感の取っ掛りは有るんですが、物書き界隈だとサッパリですからねぇ。 自分の場合、あんまり書き手とか気に留めない性質ですし。

ま、とは言え、自分の身を立てるには、何かしらの自分の手持ちの札だけでなんとかするしかないんで、 その辺り難しいけれども、自分でなんとかするしかない、とは思ってますが。まあ思ってるだけでは意味はないんだけれども。

という事で、まあ、悩ましいけれども、 悩んでるだけでは先に進めないよね、っていう、個人的な話でした。はい。