読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Slack で Twitter を閲覧できる様にした

Diary Development Software

という話。


今回作ったモノ

github.com

なぜ作ったのか

うん、前々から Twitter とか Lingr とかその他色々なユーザーストリーム系 Web サービスのタイムラインを、 どこか一箇所にまとめたい、と思ってたんだけど、つい先日に、その辺りに本気出すぞ! と思い立ったのが、直接のきっかけ。

それで、その時に始めは既存の OSS でも使うか、とも思ってたんだけど、イマイチしっくりと来るモノが見付からなかったので、 無いならば、作ってしまえ、ソフトウェア、という感じで作ったのが、今回作った Slack bot だったりします。

んで、一応、ソースコードとかは上記に貼ったリンク先のリポジトリに上げてあるのですが、 正直、自分用にしか作ってないので、まあ使い方などは各自ソースコード見てな、って感じになっています。 ま、なので、各自これ使いたい! とか言う場合には、ソースコードみてがんばって下さい。

ちなみに僕は、上記の Bot を DigitalOcean に立てた Dokku インスタンス上にデプロイしています。

実際に Slack で Twitter の TL を見た感想

うん、なんか、すごく、見やすいです……。

なんでやろか。

以上

という事で、もうなんか暑さでダレで来たので、この辺りでこの記事は終っておきます。

はい。