読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

空想癖の有るアスペ持ちは、定型発達の人より『自分の文章を書く』能力では有利

じゃないか、数日前に思ったので、今日はその辺りについて雑に書いておく。


まあ、アスペルガー持ちって言ってもピンからキリで、他のアスペルガー持ちな方々が、 僕みたく空想癖が有るのか無いのかは判らないのですが、僕の場合だと、小学生の低学年、 それこそ、小学一年生ぐらいの時から、空想癖というか、頭の中で教科書で読んだ物語の内容を再現して、 みたいな事は行なっていました。

それで、この空想癖、なんで存在するのかな、と考えてみると、これも僕から見た感想ですが、 このアスペルガーの空想癖は、

他人とのコミュニケーションのシュミレーション

という面が有るんじゃないか、と思っていて、これは、

  1. アスペルガーな要因を持っていると、いわゆる『空気』が読めない
  2. そのため、『空気』に対応するために、予めパターンを予測する必要がある
  3. よって、その『空気』パターンの予行演習のために、『空想癖』が存在する

という感じだと僕は考えています。

そして話はここからで、この『空想癖』、実は『上手く使えば』割と凄いんじゃないか、 と僕は思っていて、これは何故か、というと、この『空想癖』、実は

ブログの文章とか、小説や物語を自分一人で書く、という事には凄く向く

と、僕は感じています。

実際、僕が未だに行なっている『空想癖』を行なっている時の思考の感覚と、 このブログのエントリを書いている時の思考の感覚は、ほぼ重なっている、 というか、ぶっちゃけ、『空想癖』の応用で書いている感覚が有ります。

それで、僕の感覚に基づき意見を述べると、

  1. ブログ等と言った書き物は、自分の考えを書く限り読者を想定した一人相撲である
  2. そして、アスペルガー持ち『空想癖』も、予測のための予行練習の一人相撲である
  3. という事は、この二つ、相似というか、物事としては、基本と応用なのではないか

と僕は思っていて、つまるところ、これは、 定型発達の人々 より、 アスペルガー持ちで『空想癖』が有る人間 の方が、『自分の文章を書く』と言う文脈 においては、 普段から 空想によって 想定問答を行ないまくってる 分、 アスペルガー持ちの方 が、有利というか 能力としては伸び易いのではないか 、と思う訳です。

それはつまり、普段の日常生活で不利な面が有る『空想癖』を持っているアスペルガーな人々でも、

『読者』を想定し、それに基づき文章を書く

という能力に対しては、

定型発達のフツーの人より有利!!1

と、言えるのではないかなぁ、と僕は思います。


はい、と言う事で久しぶりのブログエントリでした。

ただし今回の内容、個人差が有るというか、最初の方にも書いた通り、 アスペルガーでもピンからキリまで、コミュニケーションに難があるのもピンからキリまで、 って感じなので、他の方々に 100% 当てはまるかどうか、という所については、 実際にどうなのか、っていうのは良く判っていません。

また、アスペルガーじゃなくても空想癖の有る定型発達の人々でも、 同じ事が言えるんじゃ……とここまで書いてようやく気がついたので、 まあ本当に有利かどうか怪しい面が有りますが、まあそこはともかく。

フツーの定型発達の人よりも、『空想癖』の有るアスペルガーな人間の方が、 『自分の文章を書く』と言う意味では、色々有利なのでは? という雑な意見が、 今回の記事の言いたい事でした。

ま、雑に書くって言っておきながら、結構丁寧に言葉を選んで書いてるので、 雑じゃねぇじゃん! と思ったりしましたが、そもそもの最初の書こうとした内容の意見が雑なのであった。

おしまい。