カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

開発環境をGCE Preemptible VM に移してる話

WIP (Work In Progress) です。


最近のブログ記事で、

the.nyarla.net

とか言ってた様に、僕は今、次に購入する PC を絶賛悩み中なのですが、 その辺りについて昨日、

もうちょっとチープなマシンでも満足出来たらなー

と考えていた時に、ふと、

あれ? 自分が次の PC を迷いに彷徨いまくってる原因って、開発環境と OS の兼ね合いだよね

って気がついて、

ああ、それなら、開発するマシンと普段使いの PC を切り離せば良いんじゃないか!

と思い付き、よろしいならば検証だ! って事で、とりあえず、現在、今の開発環境を、

  • Google Compute Engine の Preemptible VM

に移す作業をしています。前置き長いですね。


で、開発環境の切り離し、というか開発環境のクラウド化で、何故、

  • Google Compute Engine の Preemptible VM

を選んだか、と言うと、大体、

  1. そもそも 開発する とは言っても、毎日 2〜3 時間ぐらいしか開発してない
  2. そうなってくると、開発用 VM は 24 時間も動かす必要がない
  3. そして、24 時間起動ではない VM なら、GCE の Preemptible VM が良いんじゃね?

という様な理由で選択しました。

それで、

あれ、GCE の Preemptible VM って、データとかディスクって揮発しないの?

と思って調べたところ、VM を作る時の設定で揮発しない様にすることも出来る、 と言うのも判ったので、その辺りは大丈夫っぽかったです。はい。


あと、実際の VM の構成は、

  • Instance には n1-standard-2
  • OS には CoreOS Alpha
  • Package manager には nixpkgs
  • 起動ディスクは 10GB の SSD ストレージ
  • データ保存用ディスクは 50GB の 通常ストレージ

という感じにしています。

ま、起動ディスクとデータ保存用ディスクを分けたのは、後で VM とか作り直したい時に便利そうだったから、 というのが理由なんですが、なんで CoreOS (今だと Container Linux だったっけ?) で nixpkgs を使う、 と言う妙な構成になってるかっというと、これは、

NixOS を GCE で動かしたくて色々したけど、なんか上手く行かなかった

というのと、あと、

nixpkgs を使うのに、システム側で package manager が有ると、二重管理になるよね

とかそういう理由です。

まぁこれ、あんまり他人が真似しない方が良い構成なんじゃないか、とは思うんですが、 とりあえず、これで良いや、って感じで作業しています。

なんか後でハマりそうな予感はしますけどもね!


とりあえず今回作ってる構成では、コストの方は、まー、

月に $5.00 から $10.00 未満のコストは掛るんでない?

という感じです。ちなみに最低コスト $5.00 からになってるのは、主にストレージ代が要因です。

それとこの構成だと多分、バリバリ開発とかすると VM の Instance 代がかさむ気がしていますが、 僕の普段の状況から言って、多分、そこまでバリバリと開発しないと思うので、 この辺りは大丈夫だろう、と勝手に高を括ってます。ま、コストの警告は仕込んであるんで、多分大丈夫なはず……と思いたい。

あと、いかんせんこれについては途中までしか作業してないんで、 どこまで何がどうなるかは分からんところが色々有るんですが 、 ま、それも含めて色々と気軽に検証していけたらなーとか思っています。はい。

と言うことで、今はこういう事していますよって話でした。

しかしこれ、本当に次の PC を迷いに迷ってる件の解決に繋るのかなぁ。怪しいよなぁ……