カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

正々堂々と Web サービスにダメージを与える方法

というネタを考えてみた。


最近、どうも Qiita がどうの、とか、あるいはNaver まとめがどうの、とか等の、

色々な Web サービスへの不満

を見聞きする機会が増えてきている様な気がするんですが、 そういう話について見聞きしていた時に、ふと、

あ、こうすれば、正々堂々不満のある Web サービスにダメージを与えられるよな

と思いついたので、今日はその辺りについて書きます。

1. 黙って去る

まあ、基本的に Web サービスの類いは人が来てなんぼ、という性質のモノなので、 もし、自分が使っていて、気に食わない Web サービスとかが出てきたら、 黙ってその Web サービスから去りましょう

で、なんで 黙って Web サービスから去る のが効果的かというと、 黙って Web サービスを去ると、相手側からしてみれば、

何が原因で利用者が離れていったか判らない

と言う状態になるため、中途半端な実力しかない Web サービスではその理由を突き止められず、 利用者離れを改善しようと色々と迷走しだして、さらに利用者離れを招く、という負のループが引き起される、かもしれないからです。

で、次。

2. 止めた理由は具体的に書かない

上記とも関連しますが、もし、

○○という Web サービスを使うのを止めました

みたいな記事を書く、というか書きたい場合、その告知では、

自分に○○という Web サービスは合わなかったので止めました

みたいに書きましょう。

これもまあ理由しては上記と一緒で、具体的な不満不平を述べてしまうと、 相手に迷走を回避させるチャンスを与えてしまうので、その辺りは避けましょう。

また、ヘタに不満不平を述べると、今度は自分が炎上等で燃やされる、 と言う可能性が有るので、そういった面倒を避ける意味でも、 あんまり具体的な不満や不平は言わない方が良いです。

で、最後。

3. 優れた競合をオープンソースで作る

最後、相手が迷走してきた時の、最後の止めとなるのは、

(相手より) より優れた代案 (=競合) を オープンソースで作る

という行為です。

まあ、Web サービスは一朝一夕で作れるモノでもないので、実際これをしようと思うと大変では有りますが、 相手の丸パクリを避け (重要)明確に優れた代案をオープンソースで作れば相手のビジネスにダメージを確実に与えられます

ただしこれ、 実行する際に丸パクリとかになってくると、下手すると相手から訴えられる可能性も有る ので、 パクると言うか、模倣するのはアイディアだけに止め、 相手側の権利を侵害しない形で優れた競合を作る 、というのがミソになります。

また、 優れた代案をオープンソースで作る 、という行為は、 自分の価値を下げずに、相手の優位を下げられる行為 なので、 もし、自分が開発者であるのならば、グタグタ言ってないで、 コード書いて実装して相手をギャフンと言わせましょう

以上

と、ここまで割とノリノリで書いてきましたが、これ、

どう考えても嫌がらせじゃねーか!!1


まあ、個人的に思うに、Web サービスへの不平不満は、直接相手にぶつけてお互い不幸になるより、

ほれ、俺はこんなに優れた代案が作れたぞ! 悔しかったら改善してみろ!

と、相手の実力を試す方が、お互いにお互いの実力を高められるので、 そっち方面で攻める方が良いんじゃないかなーと僕は思います。

と言う事で、昨日に思いついた思い付きは以上です。はい。