カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて無かった人の雑記

Windows 10 Pro にしてから音がこもると思ってたら、ビットレートが合ってなかった

と言う小話。


僕は先週の水曜日前後に、

the.nyarla.net

と言う記事を書いた様に、

Mac mini late 2012 の OS を macOS Sierra から Windows 10 Pro に Switch

した訳なんですが、その時から、どうも、

うーん。なんか音がこもって聴こえるぞい……?

と思っていました。

それで、僕は最初、これは Windows と macOS の違いかなーとか思ってて、 今日に至るまで放置していたんですが、つい先程ふと思いついて調べてみたところ、 macOS から Windows への Switch に限らず、Windows の場合、

音声出力デバイス実際に出力されるデバイスのビットレート等合ってない音がこもる

っぽいです。

で、ついさっきコレに気がついたので、ビットレートを調整してみたところ、 普通に音が鳴る様になったと言う。今までこもってるなーと思ってたのは気のせいじゃなかった!


まー Windows 10 Pro を真面目につかったのって、多分今が最初なので (今までは VM で済ませていた)、 とりあえず、こういう事柄に気がつかなった訳ですが、まぁなんとも間が抜けた話だと自分としては思ってますです。はい。

んで、多分 macOS Sierra だと問題なかったのは、やっぱり macOS Sierra が Mac 専用 OS だからで、 その辺りについては、ハードウェアを自動的に認識して云々してたんでしょう。これはまあ推測だけれども。

そのため、そう言ったハードウェアと統合された OS っていうのは強みが有るんだなーとか思ったものの、 その統合されたハードウェアと OS に魅力が無くなってくると、今度はそれが逆効果になるので、 まぁ、魅力あるブランドって維持するのは大変ですね、と思いました。


と言う事で、話としては以上です。

まあ Windows 10 Pro 、基本的には使い易いけど、やっぱり時々罠があるなー。