カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Scrapbox.io を使っていて WYSIWYG についての考えを改めた件

今現在 (2017-05-27) 、僕は、

scrapbox.io

で、メモの管理を行っていて、今日もなんとなくソフトウェアのアイディア等を Scrapbox.io 上で練っていたんだけど、 その時に、ふと、

良く設計された WYSIWYG はとても使い易いんだなー

と思ったので、その辺りの話を今日は書きます。

僕が WYSIWYG を嫌っていた理由

個人的に、僕は WYSIWYG 系のテキスト編集を嫌っていて、基本、 ブログとかの文章を書くのがメインの場面では、 専らプレーンテキストベースの編集を好んで選んでいました。

それで、では何故自分が WYSIWYG を嫌い、避けていたのか、と言うと、これは、

正直使いづらい

というのが一番大きな理由で、次点ぐらいに、

構造化されたテキストも書きづらい

と、思っていました。

ただ、これらの点についてよくよく考えてみると、WYSIWYG について、 何故使いづらいと感じ、構造化されたテキストも書きづらい と思っていたか、の直接の原因は、

行いたい事はテキストを編集する事だけ なのに、それを スムーズに行なう事が出来ない

というのがそもそもの話であり、今まで思っていた、

WYSIWYG=使いづらい

と言うのは、

実装が考え抜かれていないWYSIWYG が使いづらかった

だけなのではないか、と今にしては思います。

考え抜かれた WYSIWYG とそうでないモノの違い

それで次に思ったのが、

考え抜かれた WYSIWYGそうでないモノ違いは何か

と言うと、これは、

何かを行う際に、 本来行おうとしている事だけに集中出来るか否か

だ、と僕は考えていて、これは、例えばテキスト編集について言えば、

文章を書く事を妨げない

という事だと思います。

と言うのも、先の例に上げたテキスト編集だと、本来、テキスト編集を行うと言う場面において、

テキスト編集以外の調整を行う必要がある

というのは、 考えの流れが中断される、文章を書く上で大きなストレス であり、 そのストレスを如何にして減らし、また、感じさせない実装を行うか、というのが、

考え抜かれ、洗練された WYSIWYG とそうでないモノの違い

である、と僕は考えています。

不用意な WYSIWYG は全てを台無しにする

それで最後、これは僕が今回、考えを改めた際に強く感じた事ですが、 もし、仮に、

WYSIWYG な編集画面を提供するか否か

という判断を行う場面に出くわした場合、僕としては、

余程に洗練された実装を提供できない のであれば、 片手間程度で WYSIWYG を提供するべきはない

と思います。

と言うのも、はっきり言って、

使いづらい WYSIWYG は、プレーンテキスト編集以下

と言うのが現実であり、それが原因で、僕みたく WYSIWYG に変な悪印象を持つ原因になったり、 あるいは、サービスから人が離れていく原因になる、と僕は思います。

以上

とりあえず、本日、

scrapbox.io

を使っていて、上記の様なコトを感じた、という話でした。

本当、 Scrapbox.io のは良く出来ている、と僕は思います。はい。