カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

AirServer + Synergy + QuickRes で Retina macOS 環境を DIY した

本日の、『お前は一体何を言ってるんだ』案件です。

まず最初にドーン

f:id:nyarla-net:20170816200055j:plain

一体、何をどうしたのか

かいつまんで言うと、

macOS Sierra の Retina 環境 を、真っ当な方法で Dell XPS 9560 上で使えるように DIY した

です。

用意したモノ……というか今回使ったモノ

  • ハードウェア
    • Mac mini late 2012 (HDD が故障している)
    • Dell XPS 9560 (Windows 10 Pro に昨日戻ってきました)
  • ソフトウェア
    • Windows 10 Pro と macOS Sierra 共通
      • Synergy (Basic)
    • Windows 側
      • AirServer Universal (実はまだ試用中)
    • macOS Sierra 側
      • QuickRes (その昔買った)

やり方

  1. まず、 Synergy で Dell XPS 9560 と Mac mini late 2012 でマウスとキーボードを共有出来る様にする
    • Windows (Dell XPS 9560) をサーバ、macOS (Mac mini late 2012) をクライアントで設定
    • 今回は Wi-fi 経由で接続した。ただこれ、本来は有線でやった方が良い
    • あと、macOS 側では、Unicode Hex Input を足してないと、キーボードが使えない
  2. 次に、AirServer Universal (Windows) で AirPlay Mirroring を扱えるようにする
    • コツとしては、MirroringOptimize forTarget Display にしておく
    • あと、fps (Display で設定できる) を手動で調整 (大体 fps x 2)
    • それと Dell XPS 9560 では GPU に Intel と NVIDIA を積んでるので、NVIDIA を使う様に設定
  3. 最後、macOS で 先の AirServer に AirPlay Mirroring して QuickRes で 強制的に HiDPI 化
    • この際、QuickRes では HiDPI モードを有効にして macOS のアカウントにログイン仕直しておく
    • そして、QuickRes のメニューから AirPlayの 解像度を HiDPI に強制的に設定
    • あと、この際に AirPlay の表示は個別のディスプレイ扱いにしておく

やってみた感想

……! 出来ちゃったよ……!!1

と思ったのも束の間、いくつか問題点として、

  1. マウスポインタが微妙にカク付く。 (ネットワークのレイテンシとかその辺り?)
  2. NVIDIA の GPU を結構使うので、Dell XPS 9560 の排熱が気に……
  3. Dell XPS 9560 はともかく Mac mini が late 2012 で HDD が半死なので色々つらい

という感じのつらみが有り、あと、今回使ったソフトウェアが全部有料で (AirServer と Synergy と QuickRes) 、 試用期間中にお試しに組んでみる、とかしないと、環境作ってみたけどダメだった時のダメージが大きいので、その辺りもネック。

うん。なので、実用するにはちょっと厳しいかなーという感じでした。はい

以上

まあでも、レイテンシが短い高速なネットワークと、あと速度と排熱が気にならない GPU 環境さえ存在すれば、 ある程度は実用出来るんじゃないかなーと僕は思っています。ただし、 Mac 本体などが要るけど

ま、とりあえず僕としては、 Dell XPS 9560 の HiDPI Display に macOS Sierra の Retina なデスクトップを映せたので満足です。はい。