カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Windows 10 Pro で restic を使って BackBlaze B2 に自動バックアップ

という感じの事を仕込みました。

話の前提

僕は、今まで散々バックアップ体制を変えては活用もせずにまた変える、と言う事を繰り返してきて、 最近では NixOS を使っていた時に filesystem 上のデータが破損して、たまたま残っていた HDD 上の バックアップから復旧した、 という事があったにも拘らず、バックアップをロクに取ってない状態が続いて来たのですが、

流石にもうそろそろ本気出して取り組まないとマズいよなぁ

という判断も有ったので、今日、割と本気出して環境を構築していました。

使ったサービスとソフトウェア

それで、今回の要件として、僕の中で、

  1. バックアップは当然、自動的に取る
  2. バックアップは当然、クライアント側で暗号化されている
  3. 仮に Windows 10 Pro を止めても、同じ手段が使える

という、三つの条件があり、それを満たすソフトウェアとして、

を用いました。

また、上記の restic は、様々なバックエンドをサポートしていて、例えば aws S3 等にバックアップリポジトリを作成出来るのですが、 今回は価格面とバックアップしたいデータの容量の関係から、 $0.005/GB/mo という、破格の値段で提供されている、

を用いました。

それで、最初は IDCF クラウドのオブジェクトストレージでも借りようか、とも考えていたんですが、 1GB 辺りの単価が結構高かった上に、データも今後色々と増えそう、という関係で、

現実的に、BackBlaze B2 が一番良さそう

と言う事になりました。はい。

Windows 10 Pro 特有の云々

まあ、バックアップを手動で取るのは流石に面倒なので、僕は下記の様なスクリプトを用意して、 それをタスクスケジューラーを実行する、というスタイルを取っています:

@echo off

set PATH=Z:\platforms\Windows\applications\restic;%PATH%

set B2_ACCOUNT_ID=XXXXXXXXXXXX
set B2_ACCOUNT_KEY=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

cd /D Z:\data\live\platforms\Windows\services\restic

set RESTIC_REPOSITORY=b2:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:XXXXX
restic.exe backup Z:\XXXXX --exclude-file=.\excludes --password-file=.\credential

以上

ま、どれくらいコストが掛るかちょっと判らない部分も有りますが、とりあえずこれを一ヶ月ぐらい回してみて、 様子を見た後で、この restic と BackBlaze B2 と言う組合せのレポートなりレビューなりを書けたらなー、 と今は思っています。はい。