カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Mac mini late 2012 に NixOS (head) を入れた

と言う話。


しばらく前から、

現状使ってない Mac mini late 2012 を NAS にでもするか

と思ってて、実際には何も作業していない状態が続いていたんですが、 本日、ようやくながらに重い腰を上げて、午前中に色々作業していました。

そしてその時に、

Mac mini late 2012 を NAS化する際の OS とかどうするかなー

と一瞬だけ考えたんですが、今回は色々とサーバの中身を弄りたかったのも有ったので、

システムを弄りたくるなら、まぁ NixOS が無難だよね

って事で NixOS (head) をインストールしました。

なお、 NixOS (head) ってなんぞいって言うと、こうやって呼ぶのが正しのかどうかは判りませんが、 これは nixpkgs の定義ファイルを GitHub で公開されている git repository の master にしてあるってだけの話です。

ま、nixpkgs の master ブランチって、時々定義ファイルが壊れてたりもするけど、 nixos-rebuild が完走しない限り、システムには変更が適用されないので、その点では、

システムの状態が中途半端になって、動かなくなった

みたいなコトはないので、一応は安心出来ますけどね。いや、ま、油断してたらダメだけれども。


ちなみに。

今回は僕の PC の中で唯一余ってる Mac mini late 2012 に NixOS をインストールしたんですが、 Mac と言うか Apple 系ハードウェアって、割と Linux 化して使おうと思って Live USB Installer を立ち上げると、 大抵 Firmware の blob が足りてなくて Wi-Fi 接続ができん! みたいなイメージが僕の中に有り、 今回もその例に漏れず、って感じだったので、Mac mini late 2012 への NixOS のインストール時に Ethernet コンバータを接続してネットワークをなんとかしました。

ただこれ、Mac mini late 2012 に Etherenet ケーブルが接続でき、かつ一応は動作する Ethernet コンバータが有ったから良かったもの、 この辺りが揃ってなかったらまー色々と大変になってたハズ……なので、ま、その辺りは前もって調べる等しておいた方が良いかもです。

と、言いつつも、自分の場合、 Dell XPS 9560 に Linux 突っ込んだ時その辺り調べてなかったですが (ぉぃ


ま、今日のところは、大体そんな感じでした。はい。