カラクリサイクル

『輝かしい青春』なんて失かった人の雑記

Moby と LinuxKit について調べた

今日はまぁ一日中出掛けていたんで、特にプログラミングとかはしていないのですが、 家に帰ってきてから、ふと思い出した様に、

について調べてたんで、今日はその辺り書きたいと思います。

mobylinuxkit are 何?

誤解を恐れずにかいつまんで言うと、 moby とは、

linux container の仕組みを使って Linux の deployable なイメージ作るソフトウェア

で、HashiCorp-ware (vagrant とか) に馴染みの深いヒトであれば、

build 環境に linux container を用いた (hashicorp の) packer っぽいヤツ

であり、逆に linuxkit とは、

moby で作ったイメージを Deploy するヤツ

っぽいです。CLI ツールの利用方法を見る限りでは。

moby は何が作れるのか

基本的には、

  • 各種 hypervisor 用の disk image
  • bootable な 各種 hypervisor 用の iso disk image
  • iPXE 用の initramfs と kernel image

の辺りっぽいのですが、 initramfs と kernel image が生成出来る事から、 各種 toolchain (mkisofs とか)を組み合わせて、 bare metal 用の bootable な iso disk image を作る、とかなんでも出来そうな感じです。

また、moby で生成出来る Linux Image は、サーバ等にインストールする事が必須ではない事から、 IDCF クラウドとかで、

Bootable ISO Image 使って、アプリケーション特化型 Immutable Instance を立てる

とかも出来そうですね。夢がひろがりんぐ。

moby + linuxkit の使い道

ま、LinuxKit は、基本的には docker とか docker + kubernetes がポン付けて起動できる環境を整備する、 と言う、そういう感じの用途のために開発されているっぽいのですが、別にそういう用途に使わなくとも、 自前でパッケージ定義とか用意すれば、オリジナル Linux Distro が作れたりするんではないか、と僕は思うワケです。

また、fully static link な single executable binary を用意し、それを moby で作るイメージに含めてしまえば、 例えば http server が立ち上がるだけの Linux サーバとか、色々と面白いモノが作れるんじゃないかなー、とも思っています。はい。

以上

まー mobylinuxkit についてはそんな感じのツールっぽかったのですが、 いかんせん、この辺り名前で混乱しがちで、この記事を書いている最中も、

あれ、 moby …… docker …… linuxkit …… ???

と半分ぐらいなっていました。まぁ、 mobylinuxkit で出来る事は、割とシンプルなんですが。

で、僕としてはですね、IDCF クラウド辺りでISO 運用な install-less なポン付け Application Server とか作れたら良いなー、 と思ってて今日調べてたりするんで、またその辺り、時間が取れてやる気が出たら、何かしらは作ろうかな、と思っています。


と言う事で今日は以上です。はい。